VOCs浄化技術油浄化技術

ホットソイル工法Hot soil method

生石灰を用いた汚染土壌の加熱と汚染物質の除去技術

ホットソイル工法とは、第一種特定有害物質(揮発性有機化合物(VOCs)及びベンゼン)を含む汚染土壌に生石灰を混合撹拌し、その水分と発熱反応させ、汚染物質を沸点以上に加熱し、土壌中の汚染物質を揮発させ、除去する工法です。

適用汚染物質

第一種特定有害物質(揮発性有機化合物VOCs及びベンゼン)やキシレン、トルエン等の油類に対して有効に機能します。また、VOCsと油類の複合汚染にも対応が可能です。

第一種特定有害物質(揮発性有機化合物)
クロロエチレン
四塩化炭素
1,2- ジクロロエタン
1,1- ジクロロエチレン
1,2-ジクロロエチレン
1,3- ジクロロプロペン
ジクロロメタン
テトラクロロエチレン
1,1,1- トリクロロエタン
1,1,2- トリクロロエタン
トリクロロエチレン
ベンゼン
油類
ベンゼン
トルエン
キシレン
ガソリン
灯油
軽油
重油

ホットソイル工法の特徴

特徴1
土壌の上昇温度を高濃度汚染まで対応可能です。
特徴2
可搬式プラントの適用により、現地でも施工できます。
特徴3
浄化後の土砂を埋戻しに再利用できます。

ホットソイル工法の原理

生石灰が汚染土壌に含まれる水分と反応して発熱します。
汚染土壌が熱せられ、水分とともに揮発性の高い汚染物質が蒸発します。

NSOF法

ホットソイル工法の施工

  1. 仮設テント内に設置した可搬式密閉型プラントに汚染土壌と生石灰を投入し、混合撹拌します。
  2. 沸点の高いものも混合撹拌時間を長くすることにより対応できます。
  3. 揮発させた汚染物質は活性炭による吸着させます。

ホットソイル工法の施工フロー

NSOF法