VOCs浄化技術重金属浄化技術

地下水揚水Groundwater pumping

すべての汚染物質に適用可能な汚染物質の回収技術

地下水揚水とは、汚染地下水をくみ上げることで、地下水に溶出した特定有害物質を回収する方法です。くみ上げた汚染地下水は水処理設備で処理し排水基準に適合させたうえで公共用水域や下水道等に放流します。

適用汚染物質

全ての特定有害物質に対し、適用可能です。

第一種特定有害物質(揮発性有機化合物)
クロロエチレン
四塩化炭素
1,2- ジクロロエタン
1,1- ジクロロエチレン
1,2-ジクロロエチレン
1,3- ジクロロプロペン
ジクロロメタン
テトラクロロエチレン
1,1,1- トリクロロエタン
1,1,2- トリクロロエタン
トリクロロエチレン
ベンゼン
第二種特定有害物質(重金属):土壌溶出量のみ
カドミウム及びその化合物
六価クロム化合物
シアン化合物
水銀及びその化合物
セレン及びその化合物
鉛及びその化合物
砒素及びその化合物
ふっ素及びその化合物
ほう素及びその化合物
第三種特定有害物質(農薬等)
シマジン
チオベンカルブ
チラウム
ポリ塩化ビフェニル
有機リン化合物

地下水揚水の特徴

特徴1
汚染源に配置することで高濃度汚染を低濃度に抑えたり高濃度汚染の拡散が防止できます
特徴2
汚染地下水の下流域に設置することで、汚染地下水の敷地外への拡大防止ができます。
特徴3
適切な水処理設備を選定することで、すべての特定有害物質や複合汚染に適用できます。

地下水揚水イメージ図

通常は適切な間隔で鉛直井戸を配置し、揚水することでバリアー井戸として汚染地下水の拡散防止を図ります。

地下水揚水イメージ図

水平井戸

水平井戸は、直径3~3.5mの円形のピットを設置し、このピットから水平ボーリングすることで水平井戸を設置します。
この水平井戸で面的に汚染地下水の拡大防止を図ります。
また、地上部に構造物や配管などの障害物があり、鉛直井戸が設置できない場合など、汚染源から原液を回収するために水平井戸を設置する場合もあります。施工精度はジャイロ孔曲がり測定器により確認します。

1. 汚染地下水の拡大防止

水平井戸 配置平面図

地下水下流側に、5ヶ所のピットを配置し、各ピットからそれぞれ延長30m程度の水平位置を配置することで、汚染地下水の拡散を面的に防止します。

水平井戸 配置平面図
移流拡散解析による濃度の経時変化図

揚水対策前(初期値)
揚水対策前(初期値)

揚水60日後
揚水60日後

揚水180日後
揚水180日後

揚水360日後
揚水360日後

2. 原液回収

原液回収井戸配置図

原液だまりの地表面に配管やプラント等の既設の設備があるため、下流側に設置したピットから、原液だまりに向けて水平井戸を配置し、直接的に原液を回収します。

原液回収シミュレーション解析(多成分多相流解析)
原液回収シミュレーション解析(多成分多相流解析)

下図は定常状態に達した時の原液回収率を解析しており、円形のピットからの揚水に比べて水平井戸を配置することで2倍の回収効果が得られます。

「0本時」原液回収シミュレーション解析

「3本時」原液回収シミュレーション解析

「5本時」原液回収シミュレーション解析